無味無臭日記

貧乏なほぼニートの退屈な日記です!

世知辛い

12時過ぎに起床しました😱ちょっと遅すぎです。言い訳ですが、上階だか隣だかからちょくちょく物音が聞こえてきて目が覚めてしまい、寝付けなくなりました。それでひたすらTwitterとか見てたら朝の5時頃になってしまいました😅せめて読書すればよかったです。


起床後、エネルギーを400 kcal摂取して久しぶりに仕事へゴー🏃💨ときどき注意散漫になりつつも、今日のクォータはクリアしました👌


テレビでコンラッド・ロイ自殺事件をネタにしたクイズをやってました。アメリカのマサチューセッツ州で家業の海難救助会社でサルベージ船のキャプテンをやってた鬱病の18歳の青年、コンラッド・ヘンリー (アンリ?)・ロイIII世さんという方が自殺してしまったんですが、実は彼を2年間励まし続けていた恋人のミシェル・カーターが、ロイの自殺1週間前くらいに「恋人が自殺した」という耳目を集める大ニュースが欲しかったという理由で突如メールでしつこく自殺教唆し始め、さらに自殺当日、一度自殺を試みた後断念しようとしたロイに電話で今すぐ自殺に再挑戦しろと説得したため有罪判決を受けた、という事件なんですが……。なんとなくTwitterで感想を探してみたら、死ぬ死ぬメールを送りまくってミシェルを心神耗弱状態にしたコンラッドが悪者、ミシェルは悪くない、親は何してたんだ、構ってちゃんのコンラッドは一人で勝手に死ねばよかった、みたいなのが出てきて驚愕しました。番組の構成上、カーターの自殺教唆の動機が一番最後に出てきたので、最初の3つはまあ分かりますが、最後のは……。自殺者って英語で a victim of suicde (自殺の被害者。Logan Paulのおかげで知りました) なんて表現することもある通り、本当は死にたくない、助け (適切な治療) を必要としてた被害者なのに。The Japanese themselves aren’t known for their empathy and sensitivity for suicide. なんて意見もあるし、日本人って冷た~い人の方が多いのかと悲観的憶測をしちゃいます。

(Logan Paul has behaved despicably. But he’s part of a wider trend | Emily Reynolds | Opinion | The Guardian より)


以下蛇足です。
番組で触れられなかった事実:

  • ロイは父親から肉体的暴力を、祖父から言葉の暴力を受けていた。
  • ロイが16歳の頃に自殺を試みたのは、両親の離婚後のことだった。
  • ロイは数人のセラピストとカウンセラーから精神病の治療を受けていた。
  • カーターは8、9歳の頃から摂食障害を患い、14歳の頃から治療を受けていた (番組ではロイとの交流のせいで罹患したかのように描かれていた)。

(Death of Conrad Roy - Wikipedia より)


reddit の感想は、カーターはサイコパスだ、みたいな感じでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。